株式会社明電エンジニアリング
営業統括部 事業推進室 担当課長 坂野将宏様

   

お取引先ご紹介

    お名前:坂野 将宏(ばんの まさひろ)様

    会社名:株式会社明電エンジニアリング

    所 属:営業統括部 事業推進室

    役 職:担当課長

Q1 御社の事業について簡単にご説明ください

当社は1965年より重電メーカーの明電舎製品および、あらゆるメーカーの電気設備をはじめ、半導体製造設備、機械設備、
建築設備、及びそれらの関連設備の保全技術サービスを提供しています。

Q2 御社の特徴についてお聞かせください

当社は重電メーカー系のメンテナンス会社となるため、業種として電気を最も得意としておりますが、お客様に今まで以上に『頼りにされる・必要とされる』会社に成長するべく空調・熱源といった他業種においてのソリューションサービスも提供するべく、異業種の会社様とのパートナーシップも積極的に構築を進めております。
直近では、貴社にてご紹介を頂いた燃料業界様や自動車整備組合様とのパートナーシップの構築を始めることが出来ました。
この場を借りまして改めてお礼申し上げます。

Q3 御社では予防保全や保全コンサルティングなどの長期にわたってお取引されて
   いるお客様も多いかと思いますが、どのような姿勢で取り組まれているので
   しょうか

当社は2004年よりお客様の電気設備における『法令改正・省エネルギー・最適運用』といった潜在課題を共に発見・最適解決する活動をしており、常日頃より従業員一同がお客様にベストなご提案が出来るよう情報収集・共有およびパートナー様との連携に努めております。
発電設備においても法令改正に伴う負荷試験のご提案において、貴社には多大なご協力を頂いており、お客様から高い評価を頂けております。

Q4 アステックスは御社事業の中で「発電設備」事業でお取引させていただいて
   おりますが、発電設備のメンテナンスにおいて最も重要視されている点を
   お聞かせください

非常用発電設備は災害などの緊急時に活躍が期待されるため、その時に動かなくては意味がありません。
そのために100%性能を発揮できるようメンテナンスを行っています。
メーカーとして製造するものは発電機のみとなりますが、当社は「SDGs 12.つくる責任、つかう責任」を果たすべく、発電機に付帯する設備を含め最適なメンテナンスを提供できるよう心掛けております。

Q5 発電設備のメンテナンスの一環として実施されている「負荷試験」について
   ご意見をお聞かせください

普段の無負荷運転だけではエンジン内部にカーボンが堆積することとなり性能低下が懸念されます。
それを改善するためには負荷試験は必要な試験です。
性能維持の効果があることをお客様にも広く伝えて、展開をしていきたいです。
また、明電舎では今年度より高圧移動電源車を民間のお客様に拡販すべく新しい取り組みを始めました。
移動電源車の拡販が実現すれば、発電機部分の安定稼働を目的とした負荷試験は切っても切れない存在となりますので、貴社にはより一層のご支援とご協力を頂ければ幸いです。

Q6 今後、アステックスに期待すること等がございましたらお聞かせください

設備の点検だけを行えばよいわけではありません。
搬入出時の養生を確実に行う、お客様への態度や対応、さすが明電さんだねと言われるよう引き続きご協力をお願い致します。
また、明電グループでは昨年度より組織間やパートナー様との繋がりからイノベーション創出強化を重点的なテーマとして取り組んでおります。
貴社との繋がりにより時代ごとに変化するお客様のニーズに対応したイノベーションを『共創』出来れば!と期待しております。

Q7 最後に、御社の今後の展望やビジョンなどがございましたらお聞かせ
   ください

当社の今後の展望として、スマートソリューションサービスという従来の電気設備に加え設備全体の潜在課題をお客様と共に発見・最適解決する取り組みを始めております。
その中には負荷試験においてカーボンを燃焼させる必要性を提言する内容も含まれております。
このような取り組みから貴社・当社ともにSDGs・ESG・BCPといった社会的責任に対して貢献をしながら今まで以上にお客様から「頼りにされる・必要とされる」会社へと共に成長していければ幸いです。

《参考》

スマートソリューションサービスではパンフレットにて③非常用発電機の負荷試験(カーボン除去)をPRしております。

前の記事へ 次の記事へ