強風による停電で冷蔵庫が停止 126回分のワクチン廃棄を決定 北海道浦河町


■報道概要

北海道では6月4日に低気圧の影響で強い風に見舞われ、日高地方や胆振地方などで合わせて4万7000戸が停電しました。
記事ではこの大規模停電の影響で、「浦河町の一部の医療機関で、ワクチンを保管していた冷蔵庫が動かなくなり、126回分のワクチンの廃棄を決めました。そのほかのワクチンは、非常用電源のある保健センターで管理していたため、影響はなかったということです。」としています。

非常用電源の大切さを改めて実感させられます。
北海道放送の記事をぜひご一読ください。


前の記事へ 次の記事へ