全国の半数の市役所が豪雨で水没 災害対応に支障きたした前例も


7月3日、静岡県熱海市の伊豆山地区で大雨による土石流が発生しました。
犠牲者とご家族の皆様に哀悼の意を表すとともに、現在も安否不明の方々が一人でも多く救出されることを切に願っております。

■報道概要

水にまつわる災害は、日本全国で起こり得る。
記事では、最大規模の豪雨が発生した際、全国の主要都市の役場の浸水リスクを調べたとしている。調査には国土交通省の「重ねるハザードマップ」を使用した。災害発生時に中心的機能を果たす市役所等も半数が豪雨時に浸水する可能性があることが分かったとしている。

週刊朝日の記事をぜひご一読ください。

前の記事へ 次の記事へ