法定点検が実施されていない実態を見逃すな ~BCPを支える常用自家発電設備が発電しない(1)~


■報道概要

自然災害などでは、広域で長時間の停電が発生するケースが少なくない。企業のBCP対応では、電気がないと事業を継続するためのさまざまなインフラを利用できない。
記事では、事業を継続しながら災害対策活動を行うには、安定した電気を確実に供給できる「非常用自家発電設備の準備」と「燃料の補給計画の策定」が必要不可欠であるとしており、非常用自家発電設備が稼働しない原因や法定点検の内容などについて書かれています。
2ページ目をご覧いただくには会員登録(無料あり)が必要になりますが、是非最後までご覧いただければと思います。

リスク対策.comの記事をぜひご一読ください。


前の記事へ 次の記事へ